読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会不適合な大学生

こんにちはヾ(。・ω・。)ノなかなか色々なことに適合できない大学生の日常を、適当に書いていこうかなと思っております!「あ!こんな人も居るんだ!笑」と軽い気持ちで見ていただけたら嬉しいです!

乗り物に乗れない病☆

恐怖症 悩み 乗り物酔い 電車 大学生の日常 おすすめ 精神科 治し方

 

こんにちは!!今日の記事は題名のとおり

「乗り物酔いを極めた私」

を、紹介しようと思います!!笑

 

f:id:maron75:20160716153703j:image

 

時間のない人のために、この記事の要点をまとめると

 

  1. 乗り物酔いが怖かったけど、いろいろ試してみて最終的に精神科がよかったよ!
  2. トラベルミン(耳鼻科でもらえるやつ)最強説
  3. ミンティアの濃い青、ACUOの緑食ってると少し気が紛れていいよ
  4. 手が痛いけど、痛みってすごいなぁ〜

 

の4つだけ覚えていってくださいヾ(。・ω・。)ノ笑

 

それでは時間がある方は詳しく見ていってください!スタートヽ(`・ω・´)ノ☆

 

 

私は小さい頃から乗り物に長時間乗る事ができませんでした。

でもそれは1時間に乗ると気持ち悪くなってしまう。

とか1時間半以上電車に乗ってゲームしてたら気持ち悪くなってしまうとか、まぁまぁ乗り物が苦手な子供程度でした(`・∀・´)

 

本当に長時間乗らなきゃいけない時は酔い止めを飲めば乗れたので、遠出もできました!

しかし!!高校2年の夏の事です。母親の友達の家族と車で遠出しました。私は酔い止めを飲んでいませんでした。

「あ、気持ち悪い、、、(´・д・`)ムリ」

と、思ったのですがなかなか言う事ができませんでした。心配させるのは申し訳ないしね(。-_-。)

 

もうちょっと我慢しよう。まだ平気。窓だけ開けよう。無になれ自分。

 

言い聞かせてはみたものの全然目的地に着かないんだよな(笑)具合悪い時とテストの問題解き終わって時間余ってる時ってすっごく時間長く感じません?笑     まさにその状態!!

 

 

あ、もう無理!吐くかも!止まって!!!!

 

 

と思いつつもまだ言えず、、、。でも本当にピンチの時ってなんでもできるじゃないですか!

その無敵モード発動して「お母さん、酔った」とか細い声でみんなに気づかれないように言いました。

この「お母さん、酔った」という7文字には

 

「お母さん、酔ったから降りたい!今すぐ降りたい!もう無理!吐くよわし!!!!」

 

って言葉がもれなく隠れていたんです。

まぁそんな言葉が隠れているなんて知らずに

 

母「酔っちゃったの?まぁもうちょっとで着くと思うから!」

 

(*゚v゚*)(´∀`)(´・∀・`)(。-_-。)(`・_・´;)(´;ω;`)

 

 

わし「え〜☆〜(ゝ。∂)死ぬぞ?」心の声

 

この私が酔ったといった時、お母さんはlevel2だと思ったのでしょう。

 

酔いにはlevelがあります。私が勝手に決めました。

 

 

level1⇨あ、きた!ややムカムカする!!

level2⇨level1で自覚した酔いを意識しすぎて更に気持ち悪くなる。まぁ我慢できる。10分で目的地つけよ。

level3⇨とりま窓開けよ?とりま風になろ?顔だそう?外気にふれたい。

level4⇨もう治ることはない。目的地に降りずにつくには寝るしかない!!横になろう。あわよくばもう目的地につけ。

level5⇨あ、吐くぞ吐くぞ吐くぞ。コンビニでもいい、道でもいい、なんでもいい、おろしてお願い。そのまま置いてっていいから降ろして。

 

と、まぁこんな感じです。

そんなこんなで私は車に乗り続けたのです。そんな時に限って運転手は道を間違えます。

 

母友「あ!道間違えた!遠回りしちゃった!」

 

ねぇなぜ?ここ、そちらの地元ですやん?

と、心の中で運転手を全力で呪いました。

 

もう生きた心地がしなかったけど無事、目的地(自宅)について、でも私はもう歩く事が困難で、少しでも揺れたら吐いちゃうぐらいで。吐く事が世界で1番嫌いな私は、自宅について速攻で寝っ転がって回復を待ったのです。すっごく治らなかった本当に!2時間ぐらい治らなかった!!

 

その日からメンタルの弱い私は、乗り物に乗る事が極度に怖くなってしまいました。

あ、車って降りられないんだ。って思ってしまったんですね。その日から私の人生は変わりました。

揺れるものが全てダメになってしまったのです。

乗り物は見るだけで吐き気がしてしまいます。乗らなきゃと考えるだけでも吐き気に襲われました。もう乗る前から酔ってるような感覚です。乗り物に乗れないなら乗らなきゃいいじゃん!って思ったそこの人!!いるかわかんないけど(笑)それは大きな間違えだ!!!!

 

乗り物に乗れない=友達と遊ぶ事が減る

 

とゆう方程式があるのを知っていますか?

高校生はどっかに行きたくてしょうがない生き物です。もちろん優しい友達ばっかりだから地元でも遊んでくれます。

でもやっぱりディズニー行こうよ!!とか

○○(電車で12分の栄えた市)行こうよ!!とか

誘ってきてくれるけど、友達に迷惑かけるのが嫌で断ってしまっていました。そうするともう誘われなくなるんですよ。誘われないと誘われないで寂しいじゃないですか(´・д・`)

私のいない友達の写真が増えていき、私のいない思い出が増えていって、、、。寂しかった〜(´・_・`;)

このままじゃいけない!!と、思いネットや本、精神科、いろいろ試しました。

まずネット!!全部は覚えていませんが覚えてる範囲では

 

・睡眠をよく取る

・梅干し食べる

・ツボを押す

・空腹にも満腹にもしない

・車に乗る前に耳栓をする

・氷を食べる

・絆創膏はる

・音楽を聴く

・姿勢に気をつける

・助手席に座る

 

などなど、ほとんど試したと思います!!

確かに全て、しないよりはしたほうがいいのかもしれないけど解決にはなりませんでした。

 

市販の薬も試しました。

・子供センパア

・センパア

・アネロン

 

昔は子どもセンパアで効いていました!

どこでも行けました!

しかし、その後、センパアも効かず、ネットで凄く効くと言われていたアネロンも効かなくなってしまったのです。絶望的でした。

 

わたしが乗り物に乗れないことを知っている優しい友人からもらった、手首につけるツボを刺激するバンドも1年ぐらいつけていました。でも乗る前から気持ち悪いので効果はよくわかりませんでした。でもお守り的な気持ちで使わせていただいていました。

 

もう、精神的な吐き気なんじゃないか!と思い高校3年の時に精神科にいきました。

 

修学旅行も行けませんでした(´;ω;`)このままじゃ大学にも通学できない!友達に遊ぼうと声をかけてもらっても遊びにも行けない!そんなのやだ!(´;ω;`)と思ったからです。

 

精神科に行ったのは正解でした。

 

その当時は

あ、精神科もダメか、、、。と思いました。

でも今思うと、あの日精神科に行ったおかげで今の自分がいるなって思っています。

精神科では、自分を責めすぎたらダメだよって事と、少しづつでいいから、ステップを踏んで行こう!とゆうこと。それを薬でサポートするよ!って感じでした。

まず、私は自分を責めていました。酔ってもないないのに、酔ったことを考えて不安になってしまったり、高校生にもなって乗り物に乗れない自分が情けなくって、、、。

でもその感情を精神科の先生が肯定してくれたことで少し救われた気がしたのです。

 

「いろいろ改善に向けて調べたり努力してしてて偉いね(*゚v゚*)!」

と言ってもらえてなんとも言えない気持ちになりました。あんまり覚えてないけど(笑)

 

次にステップを踏んで改善していく方法です。

 

私の中でまずルールを決めました。

1.降りてもいい

2.目的地に行くときは1時間前に着くように行く

3.電車が空いている時間に行く

です。これが基本ルール!

 

無理だったら1駅でも降りる!2分で次の駅ついたとしても降りる!車でも降りる!降りても平気なように早く家を出る!満員電車は苦手なので空いていて座れるような時間に遊ぶ!まずこれを精神科でもらった薬を飲みながら続けました。

不安を取り除いてくれる薬で少し不安も取れました。

まず乗り物に対しての恐怖感、緊張感を取ろうと思ったのです。

 

この酔いに勝つ方法は

 

「なんだ。私、乗り物乗れんじゃん」

 

って思うことです。それがまぁ難しいわけで 

今日は平気でも次はダメかもしれないとか

本当にダメだったりでなかなか上手くいきませんでした。

そこで乗れるようになった!と錯覚させるために耳鼻科に行きました。酔いは耳の中のバランスを取る所の石が取れてたりするとめまいや酔いに襲われるらしいのです。(私の解釈が間違えていたらごめんなさい)

耳鼻科で極度に酔ってしまうと伝えたところトラベルミンという銀と赤のパッケージの薬をもらいました!

 

これが凄く効く!!!凄く!!!!

 

トラベルミンと精神科の薬と胃薬を飲むと無敵でした!!トラベルミンは飲むとすっごく眠くなります。それで目的地まで寝てしまおうというわけです!でもこんな毎回薬ばっかり飲んでるわけにもいかないので、しばらくは薬で自信をつけて、徐々に減らしていきました。

今でもトラベルミンにはお世話になっています。1時間以上の電車、車では85パーセントの確率で飲みます!

薬を飲んでいても不安になった時は

 

濃い青のミンティアACUOの緑を食べます。

f:id:maron75:20160716223723j:image

f:id:maron75:20160716223734j:image

 

スースーして気が紛れます!オススメです!!

 

 

また、吐き気に襲われて、でもまだ少し出れない時は、気を紛らわすのには痛みがいいと聞いたので

 

爪で思いっきり手の親指と人差し指の間をえぐります(´・_・`;)

 

これはオススメしません。手がボロボロになってしまいます。でも「私にはもう気が紛らわせられない!!」と思った時の最終手段として使っています!

それと痛み関連では、高校の時は必ず保冷剤を乗り物の中に持って行っていました。保冷剤を首に当てて凍傷になってもいいから痛みを与えたのです(。-_-。)

 

今思うとめちゃくちゃきめぇwwww

 

電車の中でむき出しの保冷剤を2つ首に当てていたのは私です。見たことありますか?笑

これもまじで首痛くなるけど、人からの視線も痛いです(。-_-。)笑

一緒に乗っていた友達ごめんなさい!笑

1人で乗る時は保冷剤一つにして

 

「あー首まじいてぇ〜(´・∀・`)」

 

という顔をして、交互に首に当てて首を寝違えた人を装ってくださいヽ(`・ω・´)ノ笑

 

参考になったでしょうか?笑

 

私は今大学3年生ですがまだ、遠出が得意なわけではありません。大学生までに乗り物酔いが克服できたわけでもありません。大学1年生のときはやはり、「○○って爆弾だよね」と言われてたみたいです(笑)私がいるとグループで遠出ができないからという意味だと思います。

なぜ爆弾に例えたのかはわからないwwww

 

それでも乗り物を見ただけで吐き気がしていた私が1時間電車や車に乗れる日があることは進歩ですし、嬉しいことです!

 

なので最後まで読んでいただいた皆さんはきっと乗り物酔いを気にしている方だと思いますが、時間はかかりますが少しづつ改善はしていきます!!私のように自分を責めないで欲しいと思います!

 

長くなりました。まだこの話には続きがあるのですが、それはまた違う題名の時に話すので今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

 

最後まで見ていただいてありがとうございましたヾ(。・ω・。)ノ

 

周りに乗り物酔いで困ってる人がいましたら教えてあげてください。